読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛の旋律を奏でよう

Love-tuneと夢を叶えたい人間の独り言 140字じゃおさまらないことをここで

僕らはまだ夢の途中。

こんばんわ、おはようございます、こんにちわ。

本日9/20、Love-tuneが結成されてから200日の日です。おめでとうございます。

なんだか、あ〜まだそんだけしか経ってないんだと思ったり(´-`).。oO(

 

彼らのいろんなパフォーマンスを見ていく中で個性が

ひとりひとりそして、Love-tuneとしてめきめきと

見えはじめて日々の成長に感動している毎日。

ひとりひとりが、本当に輝いているそんな感じがする。

確かにフィルターはかかっているかもしれないけど

いろんな人のLove-tuneへの言葉を見るとそのことが

すごく感じ取れて嬉しいなって思う。もちろん

らぶ担の方のたくさんの愛を見ても実感する。

好きな人が大事で大切にしていて大好きなグループが

いろんな人から愛されるそんなグループに

なってほしいなって本気で思える。

まだまだ課題だってたくさん与えられてる。

それはファンの言葉だったり、大人からの期待だったり

本人たちがやりたいことだったり。

でもひとつひとつ焦らずにクリアしていくんだろう

という安心感が彼らにはあるなって思ってて、

仲間と本気でぶつかりあえるお兄ちゃんたちがいて

まだまだ伸び盛りの吸収が早い、そしてもの応じしない弟たちがいて、真ん中でのびのびとやってる子たちがいて。

まとまりが一見ないようにみえて

それを彼らは変えるんじゃなくてプラスにとらえて自分たちらしさにしている。

だからまわりを巻き込んでしまうくらいのギラギラ感や

迫力が彼らの周りにはあるんだとおもう。

4人、7人、グループ、いろんなことを目にするけど

でも結局、私たちは彼らが決めたことを応援するしかない

彼らが進む道に付いて行くしかない、それが無理なら

そこで立ち止まって背中を向けるしかない。

誰がどのグループを好きだっていい、だけど悔しい。

だから、もっと大きくなってほしい。「嫌い」なんて言えないくらい

絶対的な存在になってほしい。まだまだ始まったばっかりの

物語だけど、目の前の夢を丁寧に叶えていける子たちだからきっと大丈夫。

逆境さえもプラスにして、今を必死に大切にしてほしい。

希望ばかり言ってなんにもできない私だけど、

好きでいることはできるから精一杯のLoveをこれからも

Love-tuneに届けたい。いつかの夢の為に。大好きだーー!!