読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛の旋律を奏でよう

Love-tuneと夢を叶えたい人間の独り言 140字じゃおさまらないことをここで

HappyBirthDayはぎちゃん

こんばんわ、おはようございます、こんにちわ

本日11月7日Love-tuneのドラマー萩谷慧悟の20回目の

誕生日です。11/07.0:00を過ぎた瞬間のタイムラインが

たくさん愛に溢れていて自担じゃないのに涙が溢れて

愛されてることがすっごいすっごい伝わってなぜか

私まで嬉しくって暖かくなりました。

萩ちゃんのファンやLove-tuneの担あったかいな〜

 

順番がおかしくなりましたが、はぎちゃん

20歳のお誕生日おめでとう!!

ツイートでも言ったけれど、ずっとチームに所属する

ことなく過ごしていた安井くんの隣にいっつも

居てくれたそんな唯一無言のシンメをLove-tune

としてLove-tuneのメンバーとして祝える日が来た

ことが本当にただただ嬉しい。そんなふうに一番

最初に思いました。Love-tuneができて、実は「萩安」

という存在がどこか薄っすらしてきていたような気が

していた私がいました。でも、それは距離が遠くなった

ということじゃなくてメンバーとなって縮まったから

こその距離になったと最近思ったのです。むしろ、

2人の距離や関係性はもっともっと絶対的なものに

なったと思うんです。お互いが兄弟のようだと

思っていたら赤の他人から家族に近い存在と

なったと。それを強く感じたのは少クラでの

「CALL」はぎちゃんソロからの2人でのパート。

"I believe it and I can do it 誰かと同じスピードじゃ

追いつけそうもない My dream"

ここの表情や歌声を聞いた瞬間にあっ同じ場所で、

同じ舞台で戦う仲間になったんだと思わされました。

それがとっても愛おしと思った。

 

メンバーも増えて組み合わせを作るときに一緒に

が難しいかもしれない。でもたまに与えられる萩安が

とっても萩安だからそれだけで十分で、それが1番

大切だと。だから、だしおしみせずに萩安を

与えてください。求めています。少なくとも私は。

20歳の萩ちゃん、ずっと染まらない貴方らしい

まわりが作った萩ちゃんじゃなくて今のままに

いい大人になってください。きっと、萩ちゃんなら

いろんなことを、それなりにクリアしていって

くれる気がします。20歳の萩谷慧悟に幸あれ。

 

"ただ踊るように はばたくように感じるまま君らしく

輝いておもいきり煌めいて君らしく輝いて"

感じるまま輝いて/Kis-My-Ft2