読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛の旋律を奏でよう

Love-tuneと夢を叶えたい人間の独り言 140字じゃおさまらないことをここで

Love-tuneとしての彼

こんばんわ、おはようございます、こんにちわ。

いよいよ、7人としてではなくてLove-tuneとしての

大好きな彼を見はじめて1年が経とうとしています。

この1年すごく刺激的なことが多かったなとふと

振り返りながら思いました。ジャニーズJr.の

安井謙太郎担だったら経験できなかっただろうな

と思う事がたくさんで、嬉しかったりちょっと

切なかったり。そんなこんなをここに残しておきたい

なと思い、文字を打ち始めました。

 

まず私が1番感じる変わったこと。それは

安井くんにとっても、私にとっても居場所が

できたこと。隣に立つ人が、日々変わっていた頃は

なんだか勝手に私は寂しい気持ちになっていました。

チームがある子が彼と笑いあったと思うと、次見ると

自分のチームに戻って楽しそうに笑っている。

そんな孤独をすごく勝手に感じてて。新しいチームが

できるたびに悔しさと寂しさがこみ上げてきた。

でも、Love-tuneっていうグループができてから

その寂しさを感じなくなりました。いつでも

隣や後ろや前に仲間がいて。ひとりで仕事してても

そこで学んだことや得たことを持ち帰る場所が

あって。仲間のために何かする姿を見れて。

好きな人たちをみて一緒に成長を見る人がいて。

今までなかった間違っていると思ったら言い合える

仲間がいて。注意し合える仲間がいて。そして

仲間ができたからまた違った方に成長する姿を

見られるんだっと嬉しくなりました。

予想よりもたくさん新しい彼をみれて度々泣くこと

が増えました。前よりもずっとおっきい姿が

本当に眩しい。本当に素敵。

 

そしてひとりの行動が全員の評価になる。

そんなこともやっぱり改めて実感しました。

問題を起こせばしっかりと周りにも迷惑を

かけてしまう。そこから生まれる責任感もきっと

彼をしっかりと成長させてくれてるんだろうな

って、顔を見て感じます。なんだか優しくなった。

見たことなかった顔をよく見るようになった。

いままで避けてきたものにもしっかりと挑戦する

ようになって、顔がスッキリしたような気がします。

守るものができた彼はやっぱりかっこいい。

すごく愛おしいなって思います。

 

応援の仕方だって変わった。今まで、安井くんが

幸せそうならそれでいいと口にはしないけど

どこか心の隅で思っていた私がいました。

けど、今はメンバーのお仕事が決まるとすごく

嬉しいし誇らしい。メンバーの担当さんが嬉し

そうだと私まで嬉しくなる。あっ仲間ってこういう

ことなんだって気付かされました。きっと

自分自身にも心にゆとりができたそんな感じが

して、私も成長させられたんだなって。笑

 

いいこともある反面、実は寂しいと思うことも

この1年でありました。いままで、縛りがないから

こそ見られていたパフォーマンスが見れなくなった

こと。Love-tuneも大好きだけど、やっぱり

あの子とのパフォーマンスが久々に見たいなって

思うこともあります。でも、そんなことずっと

言ってられないのもすごくわかってて。

いつか、また同じステージでパフォーマンスする

未来があればいいなっと。その為にも、きっと

まだまだ途中だし大きくならないといけないん

だろうなと感じています。

 

まだまだこの1年いろいろ思ったことがたくさん

あって、見れた景色がたくさんあって。だから、

思い出すと眩しくて。グループがなかった時の方が

自由だったけど、帰ってくるところがあることって

こんなにも温かいんだなって今すごく感じています。

たくさんの人に出会わせてくれて、たくさんの夢を

与えてくれる彼らに感謝。まだまだこれから。

無理するぐらいにガムシャラに頑張ってください。

微力ながら私もこれからも応援していきたいと

思います。大好きだーーー!!!

 

いつかの夢が今日の夢。

こんばんわ、おはようございます、こんにちわ。

ふと思ったことをまとめただけのまとめられて

ないことを今回は書きます(意味不明)

 

安井担になってたくさんの夢をみるように

なりました。けど、少し前までその夢たちは

“いつか”叶えばいい“いつか”叶ってほしい夢で

“いますぐ”にどうしたいこうしたい夢じゃなかった。

でも、隣で共に闘う仲間ができた途端にその

“いつか”は“今日や明日”叶ってほしい夢に私の中で

なっていきました。1人で追うものじゃなくなった

ってすごく大きなことなんだと思いました。

1人になりたい時だって、1人じゃ哀しい時だって

必ず仲間がいる状態だから逃げられないし逃げられる。

隣にいてくれる人がいるからこそ、いない寂しさを

感じることができて大切さに気づいて心強さに

気づく。自分の問題が自分だけのものじゃない

って人をおっきく成長させるんだなと。

今はいつかなんて言ってたら叶わない気がして。

1人じゃできなかったことも今ならみんなと

できるから。今すぐに前に進んでる姿を見たい

そんなふうに思わされるのかなっとふと思いました。

 

何が言いたいかわかりにくいけどまとめると

いますぐに叶えたいそんな夢がたくさん出来たのは

7人のおかげ。Love-tune最高だ。ってことです。

7人。

おはようございます、こんにちわ、こんばんわ。

見る人見る人を興奮させたmasterpieceが

先日少クラで披露され映像に残りいろんな人に

届きました。きっとたくさんの人にまた素敵だと

思ってもらえたんじゃないかなと思います。

 

私は最近、あえて他の人の感想を自分から見にいく

とことはしなくなりました。自分の思ったことを

自分の言葉で書けなくなることも怖いし。そして

いいパフォーマンスをすればお褒めの言葉がある

その反面、たくさんの悲しい言葉があるから。

その悲しい言葉にあえて自分から、会いに行く必要は

ないかなと甘ったれています。笑

でも、お褒めの言葉のツイートやいろんな意見を

フォロワーさんが届けてくれたり、拡散されて

私のもとに届いてきます。だから、どんなふうに

Love-tuneが見られているかはその程度でいいかなと。

自分が本当に伝えたいことが見えなくならない程度に。

 

本題に戻り今回のmasterpiece披露された今

私が1番に思ったのが、また越えられたという

良い意味の敗北感です。彼らのパフォーマンスに

敵でもないのに白旗をあげたい気分になりました。

毎回毎回、披露されるものに「Love-tune

本気がやばい」って言っているそんな自分に

気づかされて「あれ?この間の私が本気だと

思ったのはなんだったんだ」と思わされている

そんなことを思いました。きっと彼らには限界

という言葉がないんだと思いました。

その時にふと、先日発売されたテレガイのコメントを

思い出しましたら。真田くんからみる安井くんを

動物に例えるとと勝てるところ敵わないところ

のコメント。頭のよさ、トーク力を褒めたあと

 

「でもそれゆえに自分の幅が分かっているというか。そこが分かってないぐらいの方が人って伸びると思うから、その点バカな俺の方が強いかな(笑)」

 

と言っていたことを。それを思い出した瞬間

「あっ、今まで安井くん1人で背負ってたと

勘違いしていた。そしてやっぱりこの

メンバーだからあんなにすごい

パフォーマンスができるんだ。心強い。」と

本気で思わされました。Love-tuneができた当初

チームが貰えて嬉しいと思う反面に、頼られる

存在であるゆえにこれから安井くんが背負うものの

重さがすごく心配になりました。あんな小さな

身体で潰れてしまわないだろうかと。

そんな不安が、その真田くんの言葉でいらない

心配なんだとサッと消えていきました。

それは、masterpieceのパフォーマンスを見ても

すごく感じました。安定の萩安から始まったと

思うとそこから加速してくようにどんどん

メンバーが入れ替わって画面の真ん中にくる。

このグループのセンターは全員。個人の強いとこを

しっかり自分たちで把握しているんだなと

改めて思いました。頼もしい。特に、年下組が

すごく頼もしい。今までが本気じゃなかった

ということじゃないけど、本気を見たと素直に

感じました。この子たちがいるから、まだまだ

おっきくなると思わされました。

 

masterpieceで改めて、この7人じゃないと

魅せられない景色が今ここにあって、それを

感じて魅せられてるのってすごく幸せだなと

思いました。彼らが本気たがら、私たちも本気に

なって応援したいと思える。Love-tune担さんを

みているとそう思います。そして、こんなにも

たくさんのものを届けてくれるこの7人の夢が

いつかの日か実る世界であって欲しいと思います。

この7人で本当に良かった。この7人を好きになれて

本当に良かった。この7人をしっかりと見守って

いきたいとすごく思います。

 

たくさんの出会いに感謝したいそう思う大切な

12月9日です。

役者のキミ

こんにちわ、こんばんわ、おはようございます。

11/27無事に舞台「三婆」大きな拍手に包まれて

幕を閉じましたね( T_T)\(^-^ )大好きな彼の

誇らしい姿がそこにありました。発表されてからの

私の感情をここに残しておきたく書きすすめます。

 

2016年2月25日、私達に突然届いた嬉しい知らせ

そこに書かれていたこの文字。
安井謙太郎 出演 舞台「三婆」

    安井謙太郎の出演が決定いたしました!!》

正直、その時の私はすごく驚きました。少しばかり

お仕事が少ないように感じていた頃の突然の

知らせだったから。そして、ジャニーズの舞台

ではなく、ジャニーズの先輩が出るわけでもない

まるっきしの外部舞台だったから。

他にも演技を得意とするJr.はたくさんいる中で、

いやもっといえばたぶんジャニーズ枠でもない

ところに、大御所の方々の名前と彼の名前が

並んでいることに本当に驚きしかありませんでした。

けれど、その頃の私は嬉しいという

感情よりも不安という感情のほうが大きかった。

大物の役者さんが出演するということはそれなりに

最低限の演技力をいや、それ以上の最低限なんて

そんなちっぽけな演技力じゃないしっかりと

した演技力をアイドルであっても求められる、

数々ドラマは出させてもらっていたけど世間で

言うジャニーズ枠ドラマやジャニーズ舞台出演者に

先輩がいるという環境。そんな中でやってきた

彼が、本格的な舞台でしかも1人でという環境に

きちんと期待で返せるのかとても不安でした。

 

そして時は過ぎ、10月に入ると舞台開演の直前。

雑誌でとりあげられたり主演女優さんたちの

メディア出演などと徐々に盛り上がってきた頃

10月27日にステージスクエアが発売されました。

段田安則さんと安井くんの対談。対談では

いろいろなアドバイスなどをもらったりなど

これからの三婆公演を楽しみにさせるような

内容でした。その中で彼は

「“あいつ、なんか頑張ってるな”とみなさんに思われるくらい(笑)、思い切ってやって見ようと思っています!」

 この舞台への彼の気持ちがストレートに

話していました。その言葉が少し私を安心させて

くれました。でも本人が不安がってないなら

心配いらないのかな?本人がこの環境を全力で

楽しもうとしているなら大丈夫かなと思う反面

まだまだやっぱり幕が開けるまで不安は続きました。

 

そして迎えた11月1日。舞台初日。

朝からレポ待ちでドキドキが止まらなかった。

けど、公演後にTLに溢れた言葉は想像よりも

ずっとずっとステキな言葉でした。

そこで少しまた不安な気持ちは解消されたような

気がしました。ラジオでも幕間のお話や

共演者の皆さんの話をする安井くんは本当に

楽しそうで、あ〜頑張っているんだなと

楽しんでるんだなと嬉しくなりました。

 

そして私自身の観劇の日。

不安は少しずつも解消されたはものの、やっぱり

自分の目で見て感じてない限りその不安は

残っていて。でも登場シーンで顔を見た瞬間その

緊張や不安はすべて吹っ飛びました。入った日が

遅かったのもあって、堂々としていてどこか

楽しそうな表情で自転車に乗って登場する彼に

すごく嬉しくなりました。お話に入って

初めて声を発した時に安井くんの声が新橋演舞場

響きわたった時も同じように嬉しくて。

1音1音はっきりと聞き取りやすい話し方で

セリフを丁寧に発していました。きっと、いや絶対

一生懸命、稽古したんだなとすごく温かい

気持ちになりました。カーテンコールで

大御所女優、俳優の皆さんと並ぶ安井くんの姿は

DREAMBOYSでみた時よりも何倍も大きく

(もちろん身長とかではありません)

見えました。それを一番感じたのは千秋楽。

千秋楽のカーテンコール、ホッとしたような表情で

客席全体を見渡してキムラ緑子さんと笑い合う姿

その姿がいままで1番、かっこ良くて頼もしい

俳優「安井謙太郎」の姿でした。その姿を見たら

涙が止まりませんでした。

 

初めての本格的な芝居、そして舞台だから必ず

ステージに出ていれば誰かに見られるという環境

その中で、表情や言葉・声でお芝居をしていた

姿は本当に誇らしくてかっこ良かった。

とっても、面白くてでも切ないそんな素敵な

「三婆」という舞台に関わることができた

大好きな安井くんをすごく誇りに思いました。

たくさんの方と関わった時間が、これからの

彼のたくさんの糧になりますように。

 

素敵な時間をありがとう。

安井謙太郎くんが演じた辰夫が大好きです。

彼らの世界に魅せられて

こんばんわ、おはようございます、こんにちわ。

「枯れ葉の影」の興奮が冷めない中で今の興奮を

とりあえず文に残しておきたいと思い書きました。

 

まず見る前の私は正直に言うと「やらないほうが…」

と思っていました。約1年前にSnow Manと安井くん

とで披露した「枯れ葉の影」がすごく良かったから。

あれをダンスでは絶対に超えられない。何故あえて

完成されてるものをまた崩しにいくのかと。

でもLove-tuneの「枯れ葉の影」を見た時に素直に

ドキドキとワクワクを感じました。これからの未来が

パッと目の前に浮かぶような感覚でした。

ダンスは去年よりも激しくない、なのになんでか

“すごい”の一言しか出てこなかった。ひとりひとりの

雰囲気、表情、パフォーマンスどこをとっても

なんだかやばいと何故か私が焦ってしまうくらい。

彼らが魅せたいものがこれなんだろうなって

苦しくなるくらいに伝わってきて、パフォーマンスを

みてリピートしてるけど苦しくなって…熱量が

めっちゃ伝わってきました。

1年前だってすごかった、だけど私はただただ

Love-tuneが好きだから、安井くんが9年かけて手に

できた仲間が好きだからその仲間と魅せたいものを

魅せられていると感じるこのパフォーマンスが

すごく好きだと思った。曲途中にメンバー全員が

合体(?)1つになるところ、あの場面を見て

絶対にデビューしてほしいそう思わされた。

ひとりひとりの個性が強いグループだからこそ

1つになれば強い。考えられないくらいのパワーが

発揮される。ギラギラした怖いという表現をよく

使われるLove-tuneだけど、その言葉が本当に

ぴったりだと思う。そのぎギラギラ感でデビューに

突き進んでほしい。無理なんてこときっとない。

すべて彼ら次第。私が言うことじゃないけど今の

らしさを失わずにもっと頑張って欲しい。

そのためにも私たちが彼らへのloveを伝えることも

大切だと思います。だから、

彼らをどんどん愛していこう。

彼らの世界観をもっともっと愛していこう。

彼らが愛するものを愛していこう。彼らと共に

 

HappyBirthDayはぎちゃん

こんばんわ、おはようございます、こんにちわ

本日11月7日Love-tuneのドラマー萩谷慧悟の20回目の

誕生日です。11/07.0:00を過ぎた瞬間のタイムラインが

たくさん愛に溢れていて自担じゃないのに涙が溢れて

愛されてることがすっごいすっごい伝わってなぜか

私まで嬉しくって暖かくなりました。

萩ちゃんのファンやLove-tuneの担あったかいな〜

 

順番がおかしくなりましたが、はぎちゃん

20歳のお誕生日おめでとう!!

ツイートでも言ったけれど、ずっとチームに所属する

ことなく過ごしていた安井くんの隣にいっつも

居てくれたそんな唯一無言のシンメをLove-tune

としてLove-tuneのメンバーとして祝える日が来た

ことが本当にただただ嬉しい。そんなふうに一番

最初に思いました。Love-tuneができて、実は「萩安」

という存在がどこか薄っすらしてきていたような気が

していた私がいました。でも、それは距離が遠くなった

ということじゃなくてメンバーとなって縮まったから

こその距離になったと最近思ったのです。むしろ、

2人の距離や関係性はもっともっと絶対的なものに

なったと思うんです。お互いが兄弟のようだと

思っていたら赤の他人から家族に近い存在と

なったと。それを強く感じたのは少クラでの

「CALL」はぎちゃんソロからの2人でのパート。

"I believe it and I can do it 誰かと同じスピードじゃ

追いつけそうもない My dream"

ここの表情や歌声を聞いた瞬間にあっ同じ場所で、

同じ舞台で戦う仲間になったんだと思わされました。

それがとっても愛おしと思った。

 

メンバーも増えて組み合わせを作るときに一緒に

が難しいかもしれない。でもたまに与えられる萩安が

とっても萩安だからそれだけで十分で、それが1番

大切だと。だから、だしおしみせずに萩安を

与えてください。求めています。少なくとも私は。

20歳の萩ちゃん、ずっと染まらない貴方らしい

まわりが作った萩ちゃんじゃなくて今のままに

いい大人になってください。きっと、萩ちゃんなら

いろんなことを、それなりにクリアしていって

くれる気がします。20歳の萩谷慧悟に幸あれ。

 

"ただ踊るように はばたくように感じるまま君らしく

輝いておもいきり煌めいて君らしく輝いて"

感じるまま輝いて/Kis-My-Ft2

 

彼らと見る景色

こんにちは、こんばんわ、おはようございます

 

私にとってLove-tuneってなんなんだろうかと最近

よく考える。私が安井くんを応援しはじめたのはごく

最近の2014年の秋。安井くんの前に好きだった人に

少し冷めていた時期に突然現れたのが彼だった。

といっても安井くんの存在は2012年頃?から知っていた。

ずっと気になるあの子状態をこじらしていて落ちたのが

2014年だった。

 

初めてJr.という世界を知ってたくさん困惑する

ことや、驚くことがあった。デビューしてたら

当たり前のことが当たり前ではない。そんな

世界だった。今日笑顔を見れたって明日はもう

この世界にさえいないかもしれない。

それが当たり前で一瞬一瞬の時間の大切さを

すごく感じた。

 

数あるのに当たらない舞台、出るかも定かじゃない

コンサート。たくさんの中で戦っているJr.担を

続けていく自信さえなかった。それでも、彼の笑顔を

みるといつかデビューする日まで絶対に見届けたい

そう思った。しかし、2015年次々と発表されていく

SixTONES結成やキンプリの存在はそんな夢に対して

絶望的だった。もうすぐ20代後半に入る彼がこの世界で

光を浴びることはあるのだろうか?その前に突然に

私達の前から姿を消してしまうのでわないかと日々

恐怖を感じていた1年間だった。実際に、お仕事が

全く無い2015年10月〜2016年3月だった。

 

そんな不安が限界に達しそうだった頃に毎年恒例に

なっているクリエの発表。メンバーはこの頃同じみ括り

真田佑馬、萩谷慧悟、森田美勇人、そして安井謙太郎

発表された時の印象として、萩ちゃんは、

ずっと彼の隣にいてくれているもう言わずとしれ

ているシンメ。美勇人はプラベも志も一緒な相棒。

さなぴーは…オーシャンズ?的な感じだった。

そして、当落前日?3月4日、ジャニーズ銀座のポスターの

表記が‘ジャニーズJr.’から‘Love-tune’に変わった。

最初こそ意味がわからなくて、もしかしてまたソースの

ない噂話かと思った。でも、自分の目でLove-tune

という文字を見た時に「あっやっとか…」と

涙が出た。

欲しくて欲しくてたまらなかった自担の名前が入った

ユニットが結成されたのだ。

 

そして、まちに待ったクリエ。私は21日と22日の

ちょうどLove-tune公演折り返しの時に入った。

蓋を開けてみると、レポを見て楽しみにしていた

ソロコーナーもなくなり、人数すら増えていた。

頭の中に疑問符しか浮かばなかった。

素直に思ったあの頃の感情を言葉にしてしまえば

簡単だけど、言っていいのかわからないまま

私にとってただただ悔しいと思った2日間だった。

 

足りないわけじゃないはずなのに、何がいけないんだと。

 

この感情は忘れた頃にまたやってきた。ドリボの

出演者名を見て、あっいよいよ4人じゃダメだと

いう現実になったんだとまた悔しくて悲しくなった。

今思えばただただ3人の存在があまりにも強すぎて

ビビっていたのかもしれない。せっかく自担が

手にしたユニットが、少しずつ安定してきたのにと。

でもそんな感情がなかったかのように消えたのは

それからすぐの7月26日のサマステのことだった。

そこには、いつも以上に楽しそうな自担が

いてLove-tuneがいた。もうそこでみたのはクリエで

みた4人+3人ではなくLove-tuneだったのだ。

息のあったパフォーマンス、ひとりひとりの魅せ方が

ずっとそこにあったみたいに的確で。そんな彼らに

私は完全に魅せらたのだ。

 

なんでなのかなんてまったくわからないけど、

その雰囲気や勢いに飲み込まれた。夏の公演に

足を運ぶたびに7人のLove-tuneに魅せられ続け、

8月の終わりには完璧なLove-tune大好き芸人となっていた。

 

隣にいてごく自然なメンバーだけじゃなくてそこに

未知数な人たちが足されて、今まで見たことない

彼の笑顔が今のLove-tuneが1番いいカタチなんだと

私に思わせたひとつの要因でもある。

雑誌の対談、ドリボ、SLT短い期間でどんどん成長

している彼らを見ると妙に私も頑張らないとと

思わしてくれる。さなぴーがいて萩ちゃんがいて

美勇人がいる。圧倒的なカリスマ性をもつ顕嵐、

みんなを優しく支えてくれるモロ、Love-tuneの爆薬

ながつ。この7人じゃなきゃ見えない景色があることに

気付かされることに時間はかからなかった。私に

とってのLove-tuneは、夢だ。ユニに入れてほしい、

可能性がほしいと思っていた私にでっかい、でか

すぎるほどの夢を与えてくれたのが彼らだった。

馬鹿だと言われても私は彼らの夢を応援したい。

笑顔を見れて幸せなんて臭いかもしれないが

Love-tuneの7人が笑っていてくれたらきっと私も幸せ。

Love-tuneLove-tune担と共に夢を見て、夢を叶えたい。

そんなシンプルな答えだった。