愛の旋律を奏でよう

Love-tuneと夢を叶えたい人間の独り言 140字じゃおさまらないことをここで

最後に送るとびっきりのラブレター。

安井謙太郎くんジャニーズJr.人生本当に本当に

お疲れ様でした。約12年間。君にとっては

どんな日々だったんだろう。単純に考えると

小学校入学から高校を卒業するまでと同じ年数。

多分、私にはわからないくらいに嬉しいことも

計り知れないくらいに辛いこともあったんだろうな〜

私はその中のたった5、6年しか見てこなかったけど

このたった少しの日々だけでも一緒に過ごせて

私の人生の中のキラキラした自慢の日々を

過ごすことができました。

本当にありがとう。きっと君以上に好きになる

人はこの先現れないとまで思うよ?

 

もうアイドルをしてる安井くんと会えない。

そんなことを実感したのはすごく最近で、これまで

一緒に見てきた景色が一気に過去に変わる時間が

もうすぐそばまで来てる。そうおもったら急に

寂しくなりました。そして私の中の安井謙太郎

大きさも同時に感じました。

 

安井くんとの時間もLove-tuneとの時間も

思い出にしてきたつもりで過ごしてたこの何ヶ月。

でも全然、思い出になんかできてなくて。やっぱり

思い出にするには長すぎるし濃すぎる時間を

安井くんとは過ごしてきたから、うまく思い出に

することができなくて。未だに楽しかったあの時間が

蘇ってきて涙が止まらなくなります。

 

だけど、そんな私だけど。今まで自分と安井謙太郎

ならば体調が悪くてもメンタルが弱ってても

迷わずに安井謙太郎を選んできた私は安井担を

始めてから初めて自分を選べたんです。

別に嫌いになったわけじゃない。だけど、

これ以上好きになっても永遠の片想い。そして

正直なことを言うと、これからの未来に私は

ついていける気がしない。追いつけなくて

追いつかなくて自分を嫌いになる前に安井くんの

おかげで少し好きになれた自分を嫌いにならない

ようにって自分を選択できるようになりました。

 

でもね、やっぱり大好きだから。これからの安井くんの

未来にはどんなことが起きるんだろう。どんな

楽しいことが待ってるんだろうってわくわく

してます。そこに私がいなくても。私がいても

いなくても変わらない安井くんの未来だけど

どうか絶対に安井くんだけは幸せになってほしい。

安井くんにとって優しい世界であってほしい。

俺が選んだ未来は正しかった。って思えるような

世界であってほしい。明るくて眩しい日々が

安井くんを守ってくれますように。

 

寂しいけど、アイドルの安井謙太郎くん

卒業おめでとう。これからの君に幸あれ。

だいすきでした。また絶対に絶対に会おうね。

安井担で、くっそ幸せでした。

 

大好きな人がいなくなるカウントダウン

突然いや突然ではないのか。そんな発表から

はや1週間がたとうとする今日この頃。

この1週間どんな気持ちで過ごしたんだろう。

自分でもわからない。けど、他の人からしたら

なんにも変わらないただの日常が進んでいただけ。

だけど、私にとっては急に色がなくなった世界を

ただひたすら時間がたつのを待っているような日々。

だって、大好きな人たちが、大好きな人が

いなくなる。そういう現実を突きつけられたから。

 

なんとなくわかってた。今年度に入って

本来ならば呼ばれるであろうコンサートに

彼らの姿はなかった。番組にも彼らの姿はなかった。

唯一、姿を確認できた雑誌にも夏くらいから

姿を消した。私たちが彼らを確認できるのは

メンバーがしてるラジオのみ。そんな生活が

当たり前だった。でもそれだけで安心できた。

嬉しそうに「メンバーが」って話す彼がいたから。

大好きだった。そんな彼が。

 

彼のジャニーズ人生、初めてのグループ。

初めての仲間。もちろん私にとっても

大切な人たちだった。大好きだった。

夢を叶えてあげたかった。彼が本気で向き合う

そう決めたLove-tuneに私も向き合うと決めていたから。

 

11月30日のタイムラインは悲しみにあふれていて

該当担の私ですら少し気まずいほどだった。

だけど、当たり前にもうそんな悲しみは消え去った。

まだ前に進めていないのは私だけなのだろうか?

少しは泣かなくなった。少しは笑えるようにだって。

けどやっぱり彼は、彼らは私にとって大きすぎる

存在だった。彼らの作る空間が好きだった。

彼らの奏でる音楽が好きだった。彼らの話す

楽屋トークが好きだった。彼らのくれる愛が

とてつもなく心地よかった。彼らと過ごした

1000日はとてつもなく生きてると感じられた

日々だった。

 

夢を与えてくれた7人。夢を見せてくれた7人。

彼らは私にとってSupermanだった。

明るく私の未来を照らしてくれる光だった。

そんな光を失った私はこれからどこに行けば

いいんだろう。完全に見失ってしまった。

だけど、彼らは7人で飛び立つことを決めたSuperman。

きっと、また私をそんな暗闇から救い出して

くれるんじゃないかな、なんて思ってしまう。

 

思い出を語りたいんじゃない。思い出をずっと

忘れたくないだけ。だって忘れてしまったら

3月31日までひとりで戦い続ける彼が本当に

ひとりになっちゃうから。最後のひとりが

いなくなるまでLove-tuneを失いたくない。

 

7人のSupermanにありがとう。

 

私の大好きな彼はあと少し。あと少しのアイドル

人生を胸を張って歩んでほしい。

 

約4300日のジャニーズ人生

君にとって幸せでしたか?君にとって意味のある

時間でしたか?きっとこれに対する答えは

すべてYes.だろう。だって君は今もこんな状況でも

ジャニーズJr.アイドル安井謙太郎であり続けて

いてくれてるから。

 

あと100日あまりのジャニーズJr.安井謙太郎

心から楽しめますように。心から胸を張って

愛して終われますように。それまでのカウントダウン

少しでも力になれますように。

 

ありがとう。また会える日まで。

 

ずっとずっと大好きで愛おしい君へ。

愛おしい彼らへ。

f:id:lovetune_Vo:20181206215742j:image

4年目のこの日。

11月23日。まずはニート公開おめでとう。

公開日をこうして迎えられて本当によかった。

そして個人的に私へ、4年記念日おめでとうと。

4年前のこの日、私は安井謙太郎くんの人生を

背負おうと決めたのです(重い)。私にとって

それくらいの気持ちで決断したスタートでした。

だってジャニーズJr.の応援って中途半端に

始めたらだめだって思っていて。

これは今も思ってることだけど、

一緒に夢を共有して一緒に夢を目指すって

ていうことは私がたくさん愛を捧げ続けて

あげるんだと、それくらいの気持ちでスタートしました。

 

4年間好きでいる間に正直ね。正直、もう

安井くんが夢を叶えたいっていう権利なんて

ないんじゃない?って思うこと沢山あった。

いっぱい裏切られていっぱい勝手に傷ついて

もうやめてやろうと思うこといっぱいありました。

でも、やめられなかった。なんでかなんて

聞かれると即答はできないけど、なんでか

安井くんを好きだと思うことをやめることは

できませんでした。彼は私にとって不思議と

「でも」「けど」応援したいひとで、

夢を叶えてあげたいって思える人なんです。

たぶん、安井謙太郎の人生を勝手に本当に

勝手に背負ってしまったんです。この人の夢だけは

絶対に私が叶えさせてあげたいって。だから、

時に義務感と戦うこともありました。

 

私が買ってあげなきゃ

私が行ってあげなきゃ

私がわかってあげなきゃって。

 

でもその行動が少しでも安井くんが未来に

進む力になるなら後悔も何もないと思えてました。

だって会うたびに大きくなった安井くんが

私の目にしっかりと嘘偽りなく写っていたから。

そしてあ~好きだな。この人じゃないと

だめだなって何回も思わせてくれたからだと思います。ステージでキラキラしてる安井くんが

いれば他に何もいらないんです。その姿を

見られれば私は満足なんです。対応が悪い

無理、辞める、なんて何百回も言ってきたけど

実際やめれたことなんてなくて、きっと

10回に1回でも私との時間をくれればそれで

よかったんです。でもそれさえも叶わなく

なってしまってからいっぱいのことに気づか

されました。

 

私が背中を押してあげてるって勝手に思い

こんでいただけで、本当は本当に当たり前の

ことなんだけど、めちゃくちゃ安井謙太郎って

いう存在が私の弱い弱い背中を支え続けて

いてくれたんだなって気づいたんです。

今まで安井くんの為っていろいろ頑張ってきた

ことは、本当は私自身を守るための私による

私のための行動だったんだって。私自身の

存在意義を私自身に認めさせてあげるため

だったんだと気づいたんです。ひとりじゃ

生きてる意味すら見いだせない私をひとりで

立ってるように見せていてくれてたのは安井くん

だったんだって。安井くんがいたから私は

こんなに一生懸命いられたんだね。実は

めちゃくちゃ守られてたんだなって。

 

でもいつまでも、ひとりじゃ立てない私で

いられないんです。前に進まないと。

でもそれは安井くんを忘れるってことじゃ

ないなって。忘れられるならとっくの昔に

忘れてます。忘れられないからこそ、安井くんとの

思い出を片手に持って前に進まないといけない。

安井くんが見せてくれた夢を、持って。

 

私の人生の中の4年間。たった4年だけど1番

大好きな人がいた4年で1番幸せだと感じられた

4年間。幸せな夢をありがとう。これからも

できたら幸せな夢を見ていきたいもちろん一緒に。

だけど、安井くんだけに頼る人生とはバイバイ

します。ひとりで歩けるように。前にすすめるように。

 

世界1大好きな人へ。世界1の幸せが訪れます

ように。ありがとうございました。そして

これからもよろしくね。幸せに。

 

正真正銘君だけは幸せであるように…。

君との4年間は幸せと不幸であふれてました。

あ~大好き。好き。好き。たまらなく。

 

君に会えてよかった。〜2歳記念日〜

こんばんわ、おはようございます、こんにちわ。

今日5月21日はLove-tuneの2回目のお誕生日。

この日が来るたびに思い出す誕生1日目のこと

あのときの笑顔。あのときの感情。幸せでいっぱいです。

 

でも、今何一つ不安なくLove-tuneを好きだと思える

状況では正直ないのも現実。いっぱいいろんなこと

あって、Love-tune担の2年で1番今が悔しくて

もどかしい気持ちが心にずっとずっとあります。

もっと私にしてあげられることはないのかな?

って不安で押しつぶされそうな夜もあります。

だけど、とか、けど、とかそんな言葉で今の

状況をプラスに片付けられないほどに。

でも、1番悔しいのはたぶん本人たちなんだろうな

って思って。安井くんにせっかくできたホームを

居場所をそんな簡単になくならせるわけにはいかない

ともすごく思います。だって、Zeppだって横アリだって

そこでみたLove-tuneには何1つ嘘はないから。

いろんな噂にはたくさん嘘があるけど、私がこの2年

見てきたLove-tuneとその景色は変わることがない

事実で現実だから。Love-tuneを信じて今は

彼らのために頑張らないといけないなって

思うんです。誰かひとりでもかけたらできない

物語だから、誰ひとりかけないで笑顔を見せてって。

 

〜みんなと同じ未来が見えますように〜

〜これからもおれたち7人とみんなで幸せになろうね〜

Love-tuneを国民的アイドルにしたい〜

 

だって、こんなにも私たちもLove-tuneも大事にして

くれる子たちだから。絶対に夢叶えなくちゃ。

夢を与えてくれたぶん夢をもっとみさせて

あげないとって今強く思います。

 

2016年5月21日に始まった7人の夢。

今はもうきっと7人だけの夢なんかじゃない、

7人とLove-tune担みんなの夢。これからも

一緒にいろんな未来描いていこうね。

大好きな7人へ。謙ちゃん、さなぴー、みゅーと

もろ、萩ちゃん、顕嵐、ながつ。

2歳おめでとう。出会ってくれてありがとう。

謙ちゃん大切な仲間とで合わせてくれてありがとう。

これからもずっと、大好きだよ。

 

❥❥❥忘れられない思い出を君と作ろう

 

 

 

 

あのときの夢。

Love-tune単独での横浜アリーナ公演からはや

10日近く経とうとしています。言葉にして

残したいって思いながらもどうしてもあの日から

前に進めてない自分がどこかにいてまだまだ

余韻に浸っている今日この頃。ちゃんと言葉に

残そうと書きすすめています。何から書こう…

 

 

何よりも私は、始まり方であったりセトリであったり

すべてにLove-tuneらしさを感じた公演だったなと

思いました。ストーリーせいのあるコンサート

色んなところでいろんな公演をそれぞれが経験してきた

Love-tuneだからこそできる空間だったなって。

最初のCALLが始まった瞬間、自然と涙がでてきた

ことをすごく覚えています…なんの涙だったのか

私自身にもわからないくらい。嬉しい、悔しい

達成感、いろんな感情から出た涙かな〜と思う。

もうその時点で喜怒哀楽全部の感情をLove-tune

からもらってたんだなってあとから思いました。

 

 

あと、横浜アリーナからペンライトとうちわが

消えたあの瞬間。震えました。Love-tuneすげぇって

ものすごく感じました。ヲタクってわがままだから

ほかの人よりも目立ちたい、彼らに見られたいって

思うのが本望だと私は思っていて。そんななかで

ヲタクが武器であるペンライトやうちわを置いて

拳でLove-tuneとぶつかった瞬間。

この人たちって本当にすごいってめちゃくちゃ

かんじました。やべぇって。

同時に、安井くんも言っていたけど心から

「綺麗」っとも思いました。本当にはじめてみた

景色。やっぱり、私に初めての景色を見せてくれるのは

Love-tune。毎回毎回、新しい景色を見せてくれる

この人たちと共に歩きはじめて1回たりとも

同じ道を戻ったりしてないなって思いました。

ずっと新しい道を歩き続けていて決してその道は

誰かが今まで歩いた道じゃなくて、誰か歩いた

かもしれないけど、Love-tuneだから見えた景色が

ある道で。いっつもとびっきりの想いをくれる。

そして、ひとつひとつのパフォーマンス、ひとつ

ひとつの曲がLove-tuneと歩いてきた約2年間を

思い出すには十分すぎるコンサートでした。

4人のクリエから始まって7人になって、その時

どうしてもその事実を受け止められなかった私。

顕嵐、もろ、ナガツを初めて受け止められたときの私。

いろんな私を、Love-tuneを思い出しました。

7人になったときの約束が、どんなカタチであろう

叶った時間。どうしても私は涙が止まりません

でした。

 

いろんなことが言われてる中で迎えた

単独横浜アリーナ公演。私たちの不安を優しく

包み込んで吹き飛ばしてくれるかのような時間。

いっつも本当にありがとう。大好き。

また新しい夢への通過点をLove-tuneと一緒に

作れました。すごくすごく幸せ。

 

\ これからも7人とみんなで幸せになろうね /

\\ みんなと同じ未来が見えますように //

 

Love-tuneで絶対叶えようね。

いつのまにか家族。

最近Love-tuneにいろんな噂がつきまとってる。

悪いこともいいこともたくさん。Love-tune

できて2年。大好きな安井くんにやっと仲間が

できて2年。このたった2年、されど2年で

私にとってただの大好きな人の仲間たちが

大好きな安井くんがいる大好きで大切な

Love-tuneになったんだなってすごく感じた

ここ何週間。できてからたびたび言ってるけど

この7人で絶対夢を掴んでほしい。この7人

じゃないと絶対に意味がないって私はいますごく

思う。本気で。絶対に。

 

 

だって、こんなにも素敵な夢をいつもみせて

くれるんだから、絶対にLove-tuneじゃなきゃ

だめじゃん。

 

 

最初は正直、安井くんだけでも夢を叶えてほしい

そんなふうにおもってた。けど安井くんはずっと

この7人でって言い続けてて、この2年間本当に

Love-tuneが本当に大好きで大切なんだって

思わされた。だって、あんなにも優しい顔して

笑う安井くん始めてみたもん。あんなにも

無邪気にはしゃぐ安井くんもはじめてみた。

全部全部、Love-tuneが見せてくれた景色で

Love-tuneがくれた思い出で。この人たちじゃ

なかったらきっとこんなにも沢山の安井くんを

見れなかったんだろうなって。

 

Zeppで、涙をいっぱい目にためながら言った

安井くんの言葉。チャンスを無駄にしない。

諦めない。絶対次のステップに行く。

絶対にステージで泣きたくない男が言葉を

選びながら詰まりながら行ったこの言葉が

本当に本当にLove-tuneで夢を掴みたいんだな

って思わされて。だからというわけじゃない

だけど安井くんをそんなにも掻き立ててる

Love-tuneは絶対に夢を叶えないといけないって

思う。

 

 

 

全く言葉がまとまらなくて正直こんなのあげる

意味ないと思ったけど、知らない間に家族より

大切になったLove-tune。愛おしすぎるし、

大好きすぎるLove-tune。これからも絶対に7人で

私に夢を見せてください!!!!じゃないと

私どうやって生きればいいかわかりません!

 

 

安井謙太郎くんの夢がLove-tuneの夢が

叶いますように。叶えさせてあげられますように。

負けるな。頑張れ。頑張ろう。

f:id:lovetune_Vo:20180315232248j:image

 

だいすきだ!!!!!!

 

そこにあった景色。

遅くなりましたがLove-tuneクリエ2017お疲れ様

でした。本当に本当に素敵な公演でした。率直に今

思うことが「Love-tuneを好きでよかった」そして

「これからも彼らについていきたい」「彼らの夢を

絶対に叶えたい」っということです。

 

彼ら7人を始めてみた2016年5月21日の

Love-tuneクリエ。当時の私には、絶望的な

とっても悔しいと思った始まりでした。

なにかがダメで7人になったのか、なにがだめなのか?

マイナスなことばかり。でも今思うと、マイナスだから

増員したんじゃなくて今よりもプラスにする

上に行くための増員という選択だったんだ。と思う

ようになりました。これはうざいくらい語ってるし

ずっと言い続けると思う。それくらいにずっと

私にとっては覚えていたい感情なのです。

 

今年のクリエで本当にそう強く感じました。

みんなやりたいことやってて楽しそうだなって、

今まで見たことのない表情しているなって度々に感じて

胸がきゅっとしました。彼らはいつだって胸を張って

Love-tuneのファンはすごい」「Love-tuneのファン

すごいねって言われる」と私たちに感謝だったり

お褒めの言葉をくれる。けど、本当にすごいのは

彼らが私たち(ファン)をそういう気持ちにさせている

ってことだと思います。なんでこんなにもたくさんの

夢を見せてくれるの?なんでこんなにもキラキラじゃ

なくでギラギラしてるの?って彼らが今を本気で

必死に生きてるのがわかるから。私たちも本気で

返したいと思う。結局、ファンがこんなにも強く

いられるのはLove-tuneだからなんだと思います。

Love-tuneじゃなかったら、この7人じゃなかったら

きっとこんな気持ちで応援してなかったんだろうな

って感じることがたくさんあります。

たくさんの夢だったり、希望だったり、愛だったり

人それぞれLove-tuneから受け取ってるものは

ちがうけど、きっとみんな5/21彼らに伝えたいことは

 

「ありがとう。大好き」

 

って言うことだとおもいます。少なくとも私は

そんな気持ちでいっぱいです。

たくさんの決断の中でこの7人のLove-tuneで今

溢れるほどの愛を届けてくれて本当にありがとう。

これからも、付いて行きます。夢絶対に叶えようね。

未来に連れてってね?Love-tuneLove-tuneのファン

でしか見れない景色たくさんみたいです。

本当に本当に、いっつもありがとうーーー!!

 

2016.05.21〜2017.05.21